N-Wii.net Home > 任天堂ニュース > 本日はファミコン生誕30周年、WiiU向けVC「ドンキーコング」配信スタート

News Article

本日はファミコン生誕30周年、WiiU向けVC「ドンキーコング」配信スタート

 任天堂より1983年7月15日に日本でファミリーコンピュータが発売されてから、本日で30年を迎えました。また、Wii U向けバーチャルコンソールでは「ドンキーコング」「ドンキーコングJR.」の配信が始まりました。
 ファミリーコンピュータは、1983年7月15日に1万4800円にて発売されました。発売当初こそ売り上げは鈍かったものの、徐々に話題となり売り上げが伸びていき、1985年に発売された「スーパーマリオブラザーズ」によってファミコンの地位は確固たるものになりました。
 人気RPGである「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」の1作目もそれぞれ1986年、1987年に発売され、日本にRPGを広げた立役者となりました。この他にも、今日でも根強い人気を持つ作品が多数発売されました。

 今に続く任天堂の人気シリーズである「ゼルダの伝説」「星のカービィ」「メトロイド」「ファイアーエムブレム」「パルテナの鏡」などの1作目も、ファミコンとファミコンディスクシステムで発売されました。
 ファミコンは、任天堂の事業が家庭用ゲーム機中心となっていくきっかけでもあり、海外で起きていたアタリショックをも乗り越え今も続く家庭用ゲーム機市場を築いた存在でもあると言えます。

 日本での本体の出荷台数は1935万台(全世界6191万台)、ソフトは日本で2億2586万本(全世界5億1万本)です。据置型ゲーム機で見ると、全世界ではWiiが9984万台でファミコンの記録を上回りました。ただ、日本ではゲームボーイやプレイステーション2、ニンテンドーDSなどが累計2000万台を突破しましたが、任天堂の据置型ゲーム機に限れば現在でもファミコンが歴代1位となっています。

 ファミコン生誕キャンペーンは、20周年や25周年の時に大規模なものが行われていたためか、今年はルイージの年になってしまったためか、ファミコンの扱いはちょっと小さめになっています。
 Wii U向けバーチャルコンソールでは、1月より毎月1タイトルを期間限定30円にて販売するキャンペーンを開催中です。本日、キャンペーン最後のタイトルとなる「ドンキーコング」の配信が始まりました。

 また、本日より「ドンキーコングJR.」(ファミコン、任天堂、500円)の配信も始まりました。「ドンキーコング」「ドンキーコングJR.」は、ファミコン本体と同じ1983年7月15日に発売されたタイトルで、今日にふさわしいタイトルと言えます。

 なお「ドンキーコング」の30円での販売は、2013年8月13日までの期間限定となりますのでご注意ください。

◎関連リンク
 □バーチャルコンソール (任天堂)
◎この記事について
  編集者: にんてんまん
  記事のカテゴリ: 任天堂ニュース
  (関連: Wii Uニュース

コメント (2件

りー 2013/07/16 AM12:06
そこにパルテナの鏡が入っているのは…。
2013/07/30 PM05:51
確かにパルテナ羅列には若干の違和感があるかも知れんね。

VCも徐々に一週間ずつ配信開始されているけど毎回もう少し多く配信して欲しいな。

この記事へのコメント (0件

Comment Form

※コメント欄のご利用前に、必ずコメント欄の利用に関するご案内をご覧ください。
※不適切な投稿などがありましたら、こちらの専用メールフォームよりご連絡ください。
※相互リンクなど管理人へのご用件は、メールフォームよりご連絡ください。

トラックバック用URL

この記事へのトラックバック (0件

トラックバックはありません。

N-Wii.net サイト内アクセスランキング

最近のWiiニュース
主なニュースカテゴリ
過去のニュース
ソフト発売予定表 更新情報
ソフト発売予定表にて、最近更新されたタイトルです。

サイト内 リンク元ランキング

Page Top