N-Wii.net Home > Archives: 2012年12月

2012/12

該当ニュース記事 一覧

[Wii VC] 2013年1月の配信タイトルは0本に、配信タイトル発表なし

  • 掲載: 2012年12月31日 15:55
  • カテゴリ: Wiiニュース
  • コメント: 18
 Wii向けバーチャルコンソールの配信予定は毎月最終金曜日に発表されていますが、2013年1月分の配信予定が発表される予定だった12月28日にはラインナップの発表されず、2013年1月は配信予定が無しになりました。
 Wii本体が発売された2006年12月から毎月何らかのタイトルが新規で配信されており、0本となるのは初めてです。

 任天堂ではWii U向けバーチャルコンソールの準備を進めており、こちらも段階的に世代交代が進むものと思われます。なお、Wiiでダウンロードしたバーチャルコンソールは、Wii Uに引越しをすることでWiiモードにて引き続き遊ぶことができます。

◎関連リンク
 □Wii バーチャルコンソール (任天堂)

[3DS] eショップにて新春初売キャンペーン、3タイトルを割引価格で販売

 ニンテンドーeショップは、2012年1月1日午前10時より新春初売キャンペーンを開催します。期間は6日午後11時59分までで、この期間中は以下の3タイトルが割引価格にて販売されます。
 ・電波人間のRPG2 (1000円→700円)
 ・リズムハンターハーモナイト (1800円→1300円)
 ・星のカービィ 夢の泉の物語 (600円→400円)

 まだお持ちでない方は、ぜひこの機会に購入をご検討ください。

◎関連リンク
 □ニンテンドーeショップ 新春初売キャンペーン (任天堂)

糸井氏が「MOTHER」シリーズの新展開に言及、ただし「4」では無い

 糸井重里氏は、自信がゲームデザインを手掛けた「MOTHER」シリーズの新展開について言及しました。
 同氏はTwitter上にて「いま、『MOTHER』をできるようにするっていう話だよ~。詳しいことはまだ言えないけど、「4」じゃないということだけは言っておかないとね」と語っており、MOTHERシリーズが何らかの形で遊べるようになることが明らかになりました。

 なお、「MOTHER4」が発売されることは無いということについては、同氏や任天堂の岩田聡社長が雑誌などでもコメントしています。

◎関連リンク
 □Twitter / itoi_shigesato: 「4」じゃないってば。いま、『MOTHER』をできる ... (Twitter)

[3DS] カプコン、「モンハン4」を2013年夏へ発売延期

 カプコンは、2013年3月に発売予定だったニンテンドー3DSソフト「モンスターハンター4」を、2013年夏へと発売延期すると発表しました。

 同社によると、発売延期の理由は「ユーザーの皆様のご期待およびご要望に応えるべく、更なるクオリティアップを図る必要があるものと判断」したとのこと。公式サイトには、本作プロデューサーである辻本良三氏からのメッセージも掲載されています。

◎関連リンク
 □「モンスターハンター4」公式サイト (カプコン)

[WiiU] 糸井氏「WiiUはiPadと比べてどうなのか」、岩田社長と宮本さんに質問

 ほぼ日刊イトイ新聞にて連載中の「ゲーム機の電源を入れてもらうために。」にて、糸井重里氏、任天堂の岩田聡社長、宮本茂氏による鼎談の模様が掲載されています。

続きを読む>>

[3DS] 国内累計販売台数が900万台を突破、直近5週間で100万台を売り上げる

 メディアクリエイトの発表によると、任天堂より2011年2月26日に発売されたニンテンドー3DSの国内での販売台数が、累計900万台を突破したとのこと。ちなみに累計800万台を突破したのは11月2週目ですので、直近の5週間だけで100万台を売り上げたことになります。
 直近の2012年12月10日~16日だけでも3DS LLは20万6973台、3DSは11万2052台、計31万9025台を販売しており、クリスマスに向けて順調に販売が上向いています。

 また、日本での発売2週目となるWii Uは12万6916台を販売しました。2週目時点でWii Uの累計43.5万台に対してWiiは同期間で43.6万台となっており、ほぼ同様のペースで普及しています。

◎関連リンク
 □今週のランキング (メディアクリエイト)

[WiiU] 本体は発売後2日間で消化率9割、Wiiとほぼ同等の出だし

 メディアクリエイトの発表によると、12月8日に発売されたWii U本体の消化率は9割弱で、Wiiとほぼ同等の出だしとなったとのこと。
 Wii U本体の販売台数は発売後2日間で30万8142台でした。Wiiの時と比べて5万台ほど少なくなっていますが、Wii U本体の出荷自体も少なかったこともあり消化率としてはWiiとほぼ同等となっています。

 また、本体と同時発売された11タイトルの販売本数は計37.6万本でした。装着率は1.22で、Wiiの1.80に比べて低い数値となっています。

◎関連リンク
 □今週のランキング (メデイアクリエイト)

[3DS DL] 「ぐるっとスプラッシュ!」19日配信、水を操るアクションパズルゲーム

 任天堂は、ニンテンドー3DSダウンロードソフト「ぐるっとスプラッシュ!」を2012年12月19日に配信すると発表しました。価格は1200円です。
 本作は、海外で配信されたWiiウェア「Fluidity」の続編を日本向けにローカライズした作品です。ステージを傾けて水を操り、ステージ上の仕掛けなどを解きつつ水をゴールへと導くアクションパズルゲームです。

 ジャイロ操作で本体を左右に傾け、水を操ります。ステージ数は60以上、他にもミニゲームが何種類か収録されています。

◎関連リンク
 □「ぐるっとスプラッシュ!」公式サイト (任天堂)

[WiiU] 発売後2日間で30.8万台を販売、最も売れたソフトは「Newマリオ」

 4Gamerにて、エンターブレイン集計の週間販売ランキング(集計期間:2012年12月3日~9日)が掲載されました。

続きを読む>>

[WiiU] 初回起動時の本体更新、バックグラウンドでのダウンロードも可能

 12月8日に発売されたWii U本体ですが、初回起動時に行われる本体更新にてネットワーク環境により実施には1時間以上かかることが任天堂から発表されており、発売直後のサーバの混雑もあって一部では失敗するケースも発生しています。

 この初回起動時の本体更新ですが、セットアップ中に「インターネットに接続してWii U本体を更新しますか?」と質問された際に「やめる」を選択することで、更新を一旦回避することが出来ます。

続きを読む>>

 1 2 過去のニュースへ →

N-Wii.net サイト内アクセスランキング

主なニュースカテゴリ
Nintendo3DS mk2 レビュー更新情報
  • ニンテンドー3DS
  • ニンテンドーDS

サイト内 リンク元ランキング

Page Top