トップページWii関連ニュース > [3DS] eショップで接続障害が多発、「ポケモンバンク」が一時配信停止に

[3DS] eショップで接続障害が多発、「ポケモンバンク」が一時配信停止に

  • 掲載: 2013年12月27日 01:41
 任天堂は、ニンテンドー3DS向けのニンテンドーeショップにおいて高負荷による障害が発生していることを受け、25日より配信を開始した「ポケモンバンク」をアクセスの集中を回避するため一時配信停止とすることなどを発表しました。
 ニンテンドー3DSにニンテンドーネットワークIDが導入されたことで、ニンテンドーeショップに対して多くのアクセスが行われるようになり、繋がりにくくなったりエラーが発生するなどの障害が続いています。
 これは、eショップの”ご利用記録”をニンテンドーネットワークIDへと引き継ぐための処理が想定を上回る規模で同時に行われているためです。ここ数日、クリスマスを迎えたことや、2日間限定の割引キャンペーン、25日の「ポケモンバンク」配信、26日の「ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」発売など、注目度の高いイベントが続いたことでさらに接続数が増え、負荷が高い状態が続いています。

 これを受け任天堂では、処理を確実に行う対処やシステムの見直しなど負荷軽減のための対策を行っていますが、アクセス集中が続いており状況は改善されていません。このため、アクセス集中の緩和を図るためとして「ポケモンバンク」を一時配信停止とすることが発表されました。
 また、25日と26日に実施したニンテンドーeショップの割引キャンペーンについては、今回の接続障害を受けて期間を改めて実施するとのこと。

 「ポケモンバンク」の配信再開時期や、割引キャンペーンの実施時期については決まり次第ご案内するとしています。
 なお任天堂では、まだニンテンドーネットワークIDを作成していないユーザーに対して、IDを作成せずに有料ソフトの購入・ダウンロードを行うこと、体験版や無料ソフトのダウンロードは時間をおいて行うことを、引き続き呼びかけています。

◎関連リンク
 □ニンテンドーeショップの接続障害に伴う『ポケモンバンク』の一時配信停止のお知らせ (任天堂)